【Excel】ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験2級受験に向けて【仮まとめ】

仕事効率化
この記事は約4分で読めます。

ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験2級のサンプル問題を問いてきましたが、ここらでサンプル問題で取り上げた問題の仮まとめをしたいと思います。

スポンサーリンク

一瞬で無限の選択が行えるショートカットキー

これは基本の操作となります。実務でも使える裏ワザです。

日付から曜日を取得する方法

これは特に覚えるというよりは、こういう技もあるのねといった認識で構わないと思います。

これが使えれば就職で有利!VLOOKUP関数の使い方

VLOOKUPが使えればExcelがそこそこ使えるんですねという指標になるほど重要な関数です。しっかりと覚えておきましょう。

「データの入力規則」を使って入力桁数に制限をかける方法

これは実務で使う機会が多い技です。入力桁数に制限をかけることで、入力のケアレスミスを減らす効果があります。

計算を一気に行うには配列数式とオートフィルの2種類がある

これは豆知識程度に覚えておいていただければ良いのですが、計算のやり方にも複数の方法があるということを覚えましょう。

DCOUNTA関数を用いてデータを簡単にカウントする方法

DCOUNTA関数は豆知識としてご紹介しましたが、実務で使用することのある関数ですし、試験にも出る可能性がある方法なので、しっかりと覚えておきましょう。

条件付き書式でセルを強調表示する方法

表を作成したときに、ある数値以上の売上などがパット見でわかると便利ですよね。条件付き書式を使えば、そういったことが可能になります。

ピボットテーブルの使い方を徹底解説!

VLOOKUP関数は使えるけれどピボットテーブルはちょっと…難しいよね、という方も多いくらい敷居が高いのが、このピボットテーブルです。これをマスターすれば2級合格も一歩近づくというものです。しっかりと覚えておきましょう。

データの「統合」で、複数のテーブルやシートをひとつの集計表にする方法

似たデータを支店ごとなどといった感じで細々と作成したけれど、そのトータルの売上などが知りたいといったときに役立つのがこのデータの「統合」です。2級受験に向け、しっかりと覚えておきましょう。

開発タブで簡単マクロ作成ガイド

実務でかなり役立つのがこのマクロです。2級の試験でも出る確率が高いものだと思いますので、しっかりと覚えておきましょう。

表から2つのデータ群を統合して複合グラフを作成する方法

難しく考える必要はありません。要はやり方のちょっと違うグラフの作り方を解説しています。2級レベルだと求められる能力です。

最後に

ここまでご紹介したものは、あくまでもサンプル問題で出た問題のまとめです。ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験2級で合格を勝ち取るには問題集を購入するのが確実でしょう。

問題集には最初のページに、URLとID・パスワードが載っていますので、これをまずダウンロードして、これを元に問題集を進めていく形となります。

私はこの仮まとめを書き上げて、次のステップであるビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験2級の問題集を問いていくこととなります。

なにか詰まったところがあった際にはシェアしていくつもりですので、情報をお待ち下さい。

白川秋
白川秋

ではでは、参考までに。

コメント