Windows11のアプリ通知音がうるさい場合の設定最適化方法

Tips
この記事は約3分で読めます。

Windows11でアプリの通知音がうるさいと感じたとき、設定の最適化方法を知っておくと便利です。以下では、アプリ通知音の調整や制御方法について説明します。

スポンサーリンク

アプリごとの通知音の調整方法について

アプリごとに通知音をカスタマイズして、うるさいと感じるアプリの音を調整しましょう。

通知設定メニューのアクセス

設定 > システム > 通知」にアクセスすると、アプリのリストが表示されます。

該当アプリの設定

うるさいと感じるアプリを選択して、通知設定を見直します。音の調整や通知のスタイル変更が可能です。

通知音の変更

通知音を消音にしたり、別の音に変更したりすることができます。アプリごとの音を調整して、適切なレベルに抑えます。

設定 > システム > サウンド」にアクセスし、「サウンドの詳細設定」をクリックします。

サウンドマネージャが開いたら、「サウンド」タブを開き、プログラムイベントから「通知」を選択し、サウンドから気に入った通知音を探して、「OK」ボタンをクリックします。これで通知音の変更は終わりです。

詳細設定の確認

アプリの通知設定に関する詳細を確認し、バナー表示やポップアップの有無もカスタマイズします。

システム全体のサウンド設定の見直しについて

システム全体の音量や通知音量を調整して、音のうるささを軽減します。

サウンド設定のアクセス

設定 > システム > サウンド」に移動すると、サウンド設定にアクセスできます。

音量のミキサー

音量のミキサー」を選択すると、アプリごとの音量を個別に調整できます。

システム音量の変更

全体の音量を下げることで、通知音を抑えられます。また、システム全体のサウンドプロファイルを変更することで、全体的な音の調整が可能です。

「応答不可モード」の活用で通知を制御する

応答不可モード」を使用して、通知の制御やフィルタリングを行いましょう。

応答不可モードの設定

設定 > システム > 通知 > 応答不可を自動的にオンにする」にアクセスし、応答不可モードの設定を行います。

スケジュール設定

応答不可モードのスケジュールを設定することで、特定の時間帯に通知を制御できます。

通知のルールや制御方法をカスタマイズして、自分のニーズに合わせた集中モードを作成しましょう。

まとめ

以上の方法で、Windows11のアプリ通知音の設定を最適化できます。アプリごとの設定やシステム全体の調整、「応答不可モード」を活用して、快適な作業環境を整えましょう。

白川秋
白川秋

ではでは、参考までに。

コメント