Windows11でゴミ箱からファイルが自動復元される問題

Tips
この記事は約3分で読めます。

Windows11でゴミ箱に入れたファイルが自動的にデスクトップに復元される問題が報告されています。この現象は通常の動作ではないため、ユーザーにとって混乱を招く可能性があります。以下に、この問題の原因と対策について詳しく説明します。

スポンサーリンク

ゴミ箱に入れたファイルが自動復元される原因とその対策

原因

ゴミ箱が容量いっぱいの場合

ゴミ箱がゴミ箱としての使用容量いっぱいまで使用されている場合に、ゴミ箱に捨てたものが、しばらく経つと元の位置に復元されることがあります。

ファイルシステムの異常

ファイルシステムの不具合や破損が、ゴミ箱からファイルがデスクトップに自動復元される原因となる可能性があります。

ゴミ箱設定の問題

ゴミ箱の設定に異常がある場合、ファイルが意図せずに復元されることがあります。例えば、ゴミ箱の設定が誤っている場合や破損している場合です。

サードパーティソフトウェアの影響

サードパーティ製のアプリケーションやソフトウェアがゴミ箱やファイル操作に影響を与え、自動復元の原因となることがあります。

デスクトップ自動復元設定

一部のバックアップソフトウェアやシステム設定によって、ゴミ箱に入れたファイルが自動的に復元されるように設定されている場合もあります。

対策

ゴミ箱が容量いっぱいの場合

ゴミ箱にも容量というものが存在しますので、ゴミ箱の中身は定期的に削除して、清潔に保っておきましょう。

ゴミ箱が重い場合

この問題については、こちらの記事に書かれていることを実行すると改善されるかも知れません。

ゴミ箱の設定確認

ゴミ箱のプロパティを開き、設定に異常がないか確認します。特に「ファイルをゴミ箱に入れるのではなく、直接削除する」設定や、「復元に関する特定の設定」がないか確認してください。

システムの更新

Windows11の最新のアップデートをインストールして、既知の問題やバグの修正を試みます。システムのバージョンを最新に保つことで、問題が解決されるかもしれません。

サードパーティソフトウェアの確認

サードパーティ製のアプリケーションやソフトウェアがこの問題を引き起こしている可能性があります。これらのソフトウェアを一時的にアンインストールするか、設定を見直してみてください。

ファイルシステムの修復

ファイルシステムが破損している可能性があるため、コマンドプロンプトを管理者権限で開き、「sfc /scannow」コマンドを実行してシステムファイルをチェックし、修復します。

バックアップ設定の確認

バックアップソフトウェアやシステム設定によって、ゴミ箱からの自動復元が設定されている場合があります。これらの設定を確認し、必要に応じて変更してください。

デスクトップのフォルダを確認

ゴミ箱に入れたファイルが自動的にデスクトップに復元される現象が起こった場合、デスクトップフォルダの設定やそのバックアップ状況も確認してみてください。

専門家やサポートへの相談

上記の対策を試しても問題が解決しない場合は、マイクロソフトのサポートや専門家に問い合わせてください。問題の解決に向けた専門的なアドバイスが得られるでしょう。

まとめ

以上が、Windows11でゴミ箱に入れたファイルが自動的にデスクトップに復元される問題の原因と対策です。これらの対策を試してみることで、問題の解決に近づけるでしょう。問題が解決しない場合は、サポートの助けを借りて解決を図ってください。

コメント