【Excel】ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験3級受験に向けて【総まとめ】

仕事効率化
この記事は約5分で読めます。

ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験3級の受験問題をコツコツと解いて、詰まった部分の復習とご紹介をしてきましたが、ここで総まとめをしておさらいをしたいと思います。

スポンサーリンク

値の貼り付けの3つのボタンの使い分け方

値の貼り付けの仕方には3つのボタンがあり、使い分けが必要だということをご紹介しました。

テーブルを使わずに複数のキーで並べ替えを行う方法

テーブルを使わないで、複数のキーを並べ替えするには?という方法を解説しました。

グラフの中に文字を挿入する方法

通常の文字挿入ではなく、グラフの中に文字を挿入する方法について解説しました。

グラフの編集の基本的な使い方

グラフを編集する上で、基本となるグラフ編集の操作についてのまとめを解説しました。

テーブルの中のデータを上位何件だけ表示という形で表示する方法

ざっくり言うと、トップテン機能についてご紹介しました。

グラフにグラフ要素を追加する方法

デフォルトでは表示されていないグラフ要素を追加する方法についてご紹介しました。

罫線の内側の色を変更する方法

罫線の内側の色だけを変更するという方法について、ヴァンゴッホ風のプレビュー画像と共にご紹介しました。

テーブルを作らずにフィルターをかける方法

テーブルを作らず、フィルターだけをかける方法について解説しました。

最後に

ここまで挙げたリンクの内容は、どれも、私が実際にミスをしたところをピックアップしておさらいし、まとめたものです。
ここら辺ができてしまえば、ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験3級の試験は、小さなミスさえしなければ、ほぼほぼ90点以上は取れるのではないでしょうか
あとは、サンプル問題を何度もこなして、解き慣れれば100点での合格も夢ではないでしょう

楽勝だと思います!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

私は、ビジネス能力検定サーティファイのExcel®表計算処理技能認定試験3級の問題集を購入して勉強をしたのですが、特に難しいと感じるところはありませんでした。
皆さんもサーティファイで受験!してみませんか?!

コメント