Windows10の使用期限切れを回避してアップデートする方法

Tips
この記事は約3分で読めます。

ご存知ですか?Windows10は2025年10月14日にサポート終了を迎えます。その日が来るその前に、Windows10を最新の状態にして、Windows11へのアップデートを検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

セーフガードをかいくぐる前に

使用期限切れのWindows10をアップデートする際には、いくつかのセーフガードがあります。それらを理解してから手順を進めましょう。

使用期限切れの影響

使用期限切れのWindows10はセキュリティの脆弱性に対する更新が提供されなくなります。そのため、可能な限り早くアップデートすることが重要です。

セーフガードの理解

Microsoftは一部のWindows10デバイスに対して、使用期限切れ後もアップデートを提供しています。しかし、これらのアップデートはセキュリティと互換性の問題を解決するためのものであり、一般的な機能の更新は含まれません。

セーフモードでのアップデート

Windows10の使用期限が切れている場合でも、セーフモードを使用してアップデートを実行できます。

セーフモードの起動

コンピューターを再起動し、Windows10のセーフモードに入ります。これにより、一部のセキュリティ機能が無効になり、アップデートが可能になります。

設定の確認

セーフモードでWindows Updateを開き、使用期限切れのWindows10に対する利用可能なアップデートを確認します。必要に応じて、手動でアップデートを開始します。

アップデートの実行

利用可能なアップデートが表示されたら、それらを選択してインストールします。アップデートが完了するまで、コンピューターを再起動しないようにします。

メディア作成ツールを使用したアップデート

セーフモードでのアップデートがうまくいかない場合、メディア作成ツールを使用してアップデートを試みることもできます。

メディア作成ツールのダウンロード

Microsoftの公式ウェブサイトからWindows10のメディア作成ツールをダウンロードし、USBフラッシュドライブまたはDVDにインストールします。

インストールメディアの作成

メディア作成ツールを実行し、Windows10のインストールメディアを作成します。このメディアを使用して、使用期限切れのWindows10をアップデートします。

インストールプロセスの開始

インストールメディアを使用してコンピューターを起動し、指示に従ってWindows10のアップデートを開始します。必要な場合は、ブートオプションを変更してインストールメディアから起動します。

まとめ

使用期限切れのWindows10をアップデートする方法はいくつかありますが、セーフモードを利用したアップデートやメディア作成ツールを使用したアップデートが最も一般的な方法です。必要に応じて、これらの手順を試して、セキュリティと互換性の問題を解決しましょう。

ついでに、Windows11へのアップデートもご検討ください。

コメント