【WordPress】A8.netの広告掲載URLの提出方法について【必読】

WordPress
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

A8.netでは今度からPR等の表記と広告掲載URLの提出が義務化される

私は最近メールを受け取ったのですが、その内容はA8.netを使用しているサイト運営者にPR等の表記と広告掲載URLの提出が義務化されたよというものでした。

これにより、どこでA8.netの広告を載せているかを把握するとともに、A8.netにその広告掲載URLを提出しなくてはならなくなりました。
その広告掲載URLの把握を手伝ってくれるのが、今回ご紹介するプラグイン「Afilink Extractor」です。
これを入れてちょっと加工するだけでA8.netへ提出するデータが簡単に作れてしまいます。

A8.netへの書類作成方法

Afilink Extractorプラグインのインストール

Afilink Extractorプラグインをダウンロードする

WordPress内のプラグインの設定からではこのプラグインはダウンロードできないため、直接GitHubからダウンロードします。

Releases · ddryo/afilink-extractor
Contribute to ddryo/afilink-extractor development by creating an account on GitHub.

サイトへ飛んだらバージョンが最新のものであるかを確認(Latestであること)し、Zipファイルをダウロードします。
※この場合はバージョン1.0.0であることを示しています。Latestと書かれているので現時点での最終バージョンです。

afilink-extractor-1.0.0.zip

Afilink Extractorプラグインをインストールする

ダウンロードしたZipファイルの場所は覚えていますか?
次はWordPressの「プラグイン」>「新規プラグインを追加」をクリックし、「プラグインのアップロード」をクリックしたら出る窓から「ファイルの選択」をクリックします。クリックしたらダウンロードしたZipファイルを設定し、アップロードを行います。

Zipファイルをアップロードすると「今すぐインストール」がクリックできるようになりますので、クリックしてAfilink Extractorプラグインのインストールを行います。

Afilink Extractorプラグインを有効化する

ダウンロードするだけではなく、有効化することを忘れないでおいてください。割と忘れがちな工程です。

A8.netの広告データの抽出(.csv)

WordPressの管理画面から「a8リンク抽出」をクリックします。

右の画面の「リンクを抽出」をクリックします。

データが抽出され終わったら「CSVダウンロード」をクリックし、データを保存してデータの抽出は終わりです

A8.netの抽出データの編集準備

ダウンロードフォルダにデータが入っていると思います。
それをA8.netの提出フォーマットに合わせた形に編集していきます。今回はExcelで編集を行います。

a8_links_20240202.csv

Excelをお持ちでない方は、Excelと互換性のあるアプリを別途ご準備ください。

OpenOfficeLibreOfficeWPS OfficePolaris Officeのうちお好きなものをご準備ください。このうち、WPS OfficePolaris Officeの2つは完全無料ではないのでご注意ください。

A8.netの抽出データの編集(提出用CSVファイル作成)

記事url」「プログラムID」「使用リンク」の3種類のデータが抽出されています。

抽出したデータのうち1行目の「ヘッダー行」と、C列の「使用リンク」は不要なので削除してください。

次のようになります。※幅は調整してあります

このままでは提出用フォーマットと少し違いますので、A列とB列の入れ替えを行う必要があります。列を移動するには、例えばB列を選択し、A列とB列の境界線にマウスポインターを合わせてから、「SHIFTキー」を押しながらB列をA列の方へドラッグする方法があります。

うまく入れ替えが行えたでしょうか?
SHIFTキー」+「ドラッグ」の移動方法が難しいという方は、普通に「切り取り&貼り付け」を行っても構いませんが、列の選択範囲を間違えないように注意が必要です。

作成データをUTF-8方式で保存する

ファイル」タブをクリックし、「名前をつけて保存」をクリックします。
ファイルの種類(T):」をクリックし、下図の選択肢の中から「CSV UTF-8(コンマ区切り))(*.csv)」を選択して、データを保存します。
※このときファイル名に(提出用)」などとわかりやすい接頭語を付けて保存すると良いでしょう。

これでA8.netへの書類作成は終了となります。

A8.netへの書類提出方法

A8.netのサイトを開く

下記リンクより、A8.netのサイトへ移動します。

【A8.net】サイト・SNSを収益化するならアフィリエイトのA8.net
A8.netは、PC・スマートフォン対応アフィリエイトサービスで広告主数約25,000社・アフィリエイトサイト数330万サイトに支持され、初心者でも簡単に副収入を得ることが可能な日本最大級の成果報酬型インターネット広告です。

広告掲載URL管理を開く

プログラム管理」から「広告掲載URL管理」を開きます。

広告管理URL管理画面から該当データをアップロードする

別窓で「広告掲載URL管理」の画面が開きますので、「ファイルを選択」し、ファイル名が表示されていることを確認したのち、「アップロード」を行います。

以上で書類提出作業は完了です。
おつかれさまでした。

最後に

いかがでしたか?
これでA8.netへの書類提出も問題なく行えるようになりました。

白川秋
白川秋

ではでは、参考までに。

コメント