【Windows11】スタートメニューに設定ボタンを表示させる方法【小ワザ】

Tips
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スタートメニューを見てみる

設定」は頻繁に使うメニューなのに、毎回スタートメニューの中から選ぶのは骨が折れますよね。
Windows10では標準搭載されていた機能でしたが、Windows11になってデフォルトではなくなりました。
そこで今回は、スタートメニューの「電源」ボタンの横に「設定」ボタンを追加する方法をご紹介いたします。

「設定」ボタンがない!

まず、皆さんの画面ではこの様になっていると思います。

スタートメニューに設定ボタンを表示させる

「個人用設定」を開く

画面の何もないところで右クリックをし、出てきたメニューの「個人用設定」を開きます。

「個人用設定」>「スタート」をクリック

画面が出たら、右の「スタート」をクリックします。

「フォルダー」をクリック

クリックしたら下の方へスクロールして「フォルダー」をクリックします。

「設定」ボタンを表示させる設定

一番上に「設定」とあるので、これをスライドさせて「オン」にします。

スタートボタンを確認

スタートボタンに「設定」が追加されているのを確認

設定」ボタンが追加されているのがわかります。

最後に

設定はこれで以上です。
簡単でしたね。
これでかなり使い勝手がよくなります。
群生の中から探していたものが、いつもの場所にあるというだけで、感じるストレスは変わるものです。

白川秋
白川秋

ではでは、参考までに。

コメント