ヘッドセットの音が悪いのを直すただ1つの方法

Tips
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ヘッドセットからの音が悪いとき

私の使用しているヘッドセット

私の使用しているヘッドセットは、最近購入したものですが、「FantasyRe_JP」というメーカーのものです。

私の用途としては、通話用、音楽を聴く、配信をする、配信を聴くが主なものとなっています。
このヘッドセットを使用して思ったのが、「とにかく音が悪い」でした。
OBSという配信ツールを使用して、テストで自分の配信中の声を聴いてみたのですが、音声のほうは問題ないようでした。

なぜ、こんな音質の悪いヘッドセットを使おうと決めたのか?それにはただ1つの理由があります。
それは、私の頭周りが62cmあるということです。メンズの平均が58cm。レディースで56cm~57cmと言われていますから、私、頭大きいんです。
ちなみに靴は30cmあります。

それで頭に合うサイズのアジャスター付きのヘッドセットを探していたのですが、アジャスター部が壊れてしまうという耐久性のないヘッドセットや、音声がくぐもってしまうと言われつつ頭のサイズもぎりぎり足りないといったヘッドセットなど、なかなか自分に合うものが見つからず、唯一見つかったのがこのヘッドセットだったんです。

といっても、密閉型でイヤーパッドのでかいタイプなどですと、種類も豊富でアジャスターも気にすることもないタイプが多そうなのですが、私は外の音もある程度聞けるタイプがよかったので、このタイプにこだわっていました
ただ、文句をいうとすると、このヘッドセットは片方(多分左)の音を強引に両方から流しているんです。これは、布袋寅泰さんのRock'n Roseという曲を聴くとわかるのですが、左右から交互に音が鳴る部分があるのですが片方だけ鳴っているのです。

YouTubeを紹介しようと思いましたが、YouTubeではステレオサウンドになっておらず編集が加えられているようです。
ステレオサウンドの例として、QUEENのThe Fairly Feller’s Master Strokeという曲を挙げておきます。


例として、すぐに壊れたけれど、アジャスターの幅があり、音声も聴く方の音も良かったものを挙げたいと思います。

これです。これは比較的安いですし、アジャスターの幅も広いですし、音質も良いのでおすすめです。
お値段以上の音質ですね。
音質にこだわったら際限ないです。沼になります

Micrsoft Storeを使用して、FxSoundをダウンロードする

FxSoundとは、簡単にいうとミキシングができる、ミキサーアプリです。
以下のように、上枠で「FxSound」と入力して検索してみてください。検索結果に以下のようなものが出たらOKです。ダウンロードを行ってください。安心してください。無料です

FxSoundで音の調整を行う

私の場合、このように設定しました。

  • 115Hz → +8
  • 250Hz → +5
  • 450Hz → -1
  • 630Hz → -12
  • 1.25kHz → -6
  • 2.70kHz → -7
  • 5.30kHz → -2
  • 7.50kHz → +1
  • 13.00kHz → +3

FxSoundで編集したデータを保存する

新しくミキシングしたデータを保存するには、左下の「」マークを押して、「Save New Preset」にカーソルを合わせると右に出る「Enter your preset name」の部分に名前を設定します。
私の場合は、愛称と日付と時刻で「shirakawa_ver202401171732」としました。名前は自分でわかれば何でも構いません。

最後に

音をミキシングするときのコツ

音をミキサーでミキシングしていくときのコツは、

  • 何かしら人の声が入っている音を流す(YouTube、配信、音楽、アニメ)
  • 1つずつ設定を行う
  • 設定を行う周波数では、上下に激しく動かしてみてその周波数を上げるか下げるかを判断する
  • 上げるか下げるかを判断したら、+0を基本として少しずつ調整を行う

こんなところでしょうか?
このヘッドセットの場合はこれ!ということで、別のヘッドセットだとまた違う癖があります。
やりやすい方法があれば、それで構いません。理想は緩やかなカーブになっている形です。自分で設定するのが面倒という方は、私の設定を採用してみてください。

まとめ

ヘッドセットには当たり外れがある

ヘッドセットには値段に限らず当たり外れがあります。980円ほどのヘッドセットでも長年使っていたものもありますし、音声もかなりクリアに聴き取れていました。
用途によっては、密閉型でイヤーパッドのでかいものを選ぶのもありだと思います。

ハズレでもくじけない、でもくじけることも必要(どっち!?)

ハズレのヘッドセットだとしても諦めず、ミキサーで改善できる部分もあります。
マイクが悪いという場合は、諦めてしまって保証期間以内に返品・返金をして、新しいものを試すというのも手ではあります。

以上、ヘッドセットの音が悪いのを直すただ1つの方法でした。

白川秋
白川秋

最後までお読みいただき、有り難うございました。

参考までに。

コメント