WordPressの一般設定が見れなくなったときの対処法

WordPress
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

気が付いたら一般設定が見れなくなっていた

状況

ほんとに気が付いたらだったのですが、Wordpressの「設定」>「一般」がGoogle Chromeで見れなくなっていました。

具体的にどうなっていたか?

WordPressの一般設定を見ようとすると、

https://shirakawaroom.comwp-admin/options-general.php

となっていました。どこがおかしいかって?

よーくみてください。

shirakawaroom.comとwp-adminの間のスラッシュが抜けていることに気付けた方はいらっしゃいますか?

さすが!そんなあなたは優秀です!

正確には、

https://shirakawaroom.com/wp-admin/options-general.php

とならないといけないわけです。

小さな違いですが、これが原因で大変な苦労をすることになるのでした。

どう解決したか?

これを解決するのに、さまざまなことをしました。

「EdgeやIEではこういったアドレスの情報は正確に打つのでEdgeやIEで見れるかを確認してください」という情報をゲットしたので、さっそく自分のPCに入っているEdgeで確認をしてみました。

このように、Edgeでは、一般設定の部分をクリックしても、正確なアドレスに飛んでいることが確認できました。

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)が灰色で入力できない時

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の部分が灰色で、入力できないケースというものが存在しました。

筆者の場合も、その状態でした。

それを解除する方法について、調べました。

灰色を解除する

まずは、wp-config.phpに手を加えますので、wp-config.phpのバックアップを取っておいてください。(wp-config.php.bak)などとしておくと良いでしょう。

準備ができたらwp-config.phpファイルをダウンロードして、TeraPadなどで開いて、編集をしましょう。

行の一番下に、次の文章を追加します。

define('WP_HOME','https://shirakawaroom.com/');
define('WP_SITEURL','https://shirakawaroom.com/');

編集したファイルを保存して、アップロードを行ってください。

もう一度一般設定を開けば、灰色の部分は白く変更可能な状態になっているかと思われます。

注意点

wp-config.phpとはWordpressにおいて、非常に重要なファイルです。

セキュリティーを保つためwp-config.phpのプロパティを開き、このようにRにだけチェックを入れ、パーミッションを0400にしておくようにしましょう。

なぜ、編集可能にしたかったのかといいますと、アドレスの後に「/」を入れたかったんですね。

結果試してみましたが、「/」は入りませんでした。仕様のようです。

で、どうやって解決したの?

これはGoogle Chromeだけに起こる現象でした。そこで、直し方としては、

  • Google Chromeの「設定→その他のツール→デベロッパーツール」を開く
  • 画面左上の⟳(円矢印)を右クリックし、「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックする

を行うことでした。

これで、まるっと解決しました。Google Chromeから一般設定を開けるようになります。

原因

恐らくは、いろいろと.htaccessをいじったことから、そのキャッシュが悪さをしてこのような状況になったのではないかと思います。

知識に自信がない方は、.htaccessの設定は自動に任せましょう!

以上、学んだことでした。(笑)

白川秋
白川秋

ここまで読んでいただきありがとうございました。

¥5,430 (2024/01/12 21:56時点 | Amazon調べ)

コメント